青汁の知識

青汁とクロレラの違い

青汁は健康食品として広く知られていますが、「クロレラ」という健康食品はご存知でしょうか。
青汁とクロレラの違いは何なのか、クロレラとはどのような健康食品なのかご紹介します。

青汁とクロレラの違い

青汁は、緑葉野菜の絞り汁です。
フリーズドライなどで粉末にしたものを水に溶いて飲むのが一般的です。
野菜の絞り汁なので、野菜の成分がそのまま栄養価としてあらわれます。
原料によって栄養価は異なりますが、ビタミンやミネラル・食物繊維などが豊富です。
クロレラは、野菜ではなく単細胞緑藻類、つまり植物性プランクトンのひとつです。
粒状のサプリメントの形で摂取するのが一般的。
クロレラはタンパク質が60%近くも含まれているのが特徴です。
炭水化物や脂質、ビタミン、ミネラルも含まれています。

クロレラの効果・効能

クロレラhttp://www.millofkintail.com/chlorella.htmlはタンパク質を豊富に含んでおり、増殖能力が非常に高いプランクトンです。
好条件下だと、1日で4倍に増殖する能力を持っています。
そのため、宇宙食や世界の食糧難を助ける食料源として研究が続けられています。
クロレラは複数種類がありますが、サプリメントに使われるクロレラは食用のクロレラが使われています。
クロレラは青汁には含まれないタンパク質・炭水化物・脂質を摂取することができるため、不足している栄養素を補給するサプリメントとして活用することができます。
クロレラはがん予防や高血圧の改善、便秘の解消といった効果が期待されていますが、まだ臨床的に実証はされていないのが実情です。

クロレラの副作用

副作用として、緑便や下痢、便秘などが発生する可能性があります。
また、クロレラのクロロフィルは体内で分解されるとフェオフォルバイドという成分になりますが、この成分により光線過敏症を発症する可能性が指摘されています。
クロレラにはビタミンKが豊富に含まれるので、ワーファリンなどの血液凝固阻止薬を服用している場合は医師に相談するようにしましょう。
また、クロレラの摂取により、体調悪化が見られた場合は使用を見合わせてください。