青汁の知識

青汁にカフェインは含まれている?

コーヒーや緑茶などに多く含まれているカフェイン。
カフェインは適量の場合眠気を解消したり疲労をとる効果が期待できますが、飲み過ぎると不眠や頻尿など身体に悪影響が出る場合があります。
また、妊婦が摂取しすぎると胎児の成長に悪影響になるため、カフェインのとりすぎには注意が必要です。
それでは、青汁にはカフェインは含まれているのでしょうか。

青汁の原料にはほとんど含まれていない

青汁の原料といえば、ケールや大麦若葉、明日葉などの緑葉野菜です。
これらの野菜には、ほとんどカフェインは含まれていません。
そのため、「ノンカフェイン」と謳っている青汁も存在します。
厳密には、青汁の成分表示にカフェインの含有量は記載されていないことが多いため、正確には全くのノンカフェインではない可能性はあります。
しかし、カフェインが含まれていてもごく微量のため、青汁を1食1杯飲むといった適量の摂取であればカフェインの過剰摂取を気にする必要はありません。

添加物には注意が必要

原料の野菜にカフェインはあまり含まれていませんが、添加物には注意が必要です。
内容によっては、カフェインがふくまれた添加物が配合されている可能性があります。
代表的な添加物は、「お茶の葉」です。
緑茶や抹茶にはカフェインが含まれていますが、青汁によってはお茶の成分を配合したものがあります。
緑茶や抹茶の成分を配合している場合は、カフェインが含まれているケースがあります。
お茶の成分が使われているかは、商品の原材料や成分の表示に記載があるかどうかで確認ができます。
ノンカフェインの青汁を選ぶ場合は、原材料表示をよく確認してから購入するようにしましょう。

また、飲み方にも注意が必要です。
水や牛乳、麦茶などノンカフェインの飲み物に青汁を溶いて飲むのであれば問題ありませんが、コーヒーに溶いたり、緑茶に溶いて飲むとカフェインの摂取につながってしまいます。

妊娠中はカフェインを全く摂取してはいけないということではなく、摂取上限量があるため、摂取量を守れば問題はありません。
ただし、気になる場合は原材料表示をよく確認し、ノンカフェインの青汁を選ぶようにしましょう。