青汁の知識

青汁を朝食の置き換えにしても大丈夫?

忙しい朝は朝食の準備や食べる時間が惜しいもの。
青汁は野菜の栄養をたっぷり含んだ健康食品で、野菜不足を補うにはとてもオススメです。
それでは、栄養が豊富な青汁は朝食の代わりにしても大丈夫なのでしょうか。

朝食に必要な栄養素とは

朝にはどんな栄養素が必要なのでしょうか。
朝は血糖値が低下しており、脳や身体を動かすためにエネルギー源である糖質つまり炭水化物を摂取する必要があります。
また、タンパク質や脂質は身体をつくる大事な栄養素です。
身体の働きをコントロールするビタミンやミネラルも寝ている間に消費しているため、補給しておく必要があります。
つまり、朝食では特定の栄養だけではなく、栄養バランスのいい食事をとることが大切なのです。

青汁は朝食の置き換えにできるのか

青汁の原料は緑葉野菜です。
緑葉野菜には、ビタミンやミネラルが豊富に含まれているため、身体の働きをコントロールする栄養素は摂取できます。
しかし、糖質やタンパク質・脂質はあまり含まれていません。
そのため、朝食の置き換えとして考えると青汁だけの摂取では必要な栄養は不足しています。
特に朝はすぐにエネルギー源となる糖質の摂取が重要です。

青汁+αでバランスの良い栄養をとろう

青汁を朝食の置き換えにするなら、青汁と相性の良い食べ物を組み合わせて摂取してみてはいかがでしょうか。
例えば、果物は糖質を豊富に含み、ビタミンや食物繊維も豊富です。
オススメの果物はバナナです。
青汁との相性がよく、消化もよいため糖質がすぐにエネルギー源になります。
ヨーグルトや牛乳との相性もバツグンです。
ヨーグルトや牛乳などの乳製品にはタンパク質や脂質が含まれるため、青汁・果物と組み合わせるとバランス良く栄養素を摂取できますよ。

青汁は野菜の栄養をしっかり手軽にとることができます。
しかし、青汁だけでは朝に栄養は不足するため、炭水化物・タンパク質・脂質を含む食べ物と組み合わせてしっかり栄養をとっておきましょう。