青汁の知識

青汁を飲んだら口臭が心配…

「青汁を飲むと、口臭がするのではないか?」
健康に良い青汁だからこそ、そんな風に思う人がいるかもしれません。
青汁は、口臭にどのような影響があるのでしょうか。
口臭が発生するメカニズムから解説します。

口臭が発生する原因とは?

口臭の9割は口腔、つまり口の中で発生しています。
食べかすや細菌の死骸・新陳代謝により剥がれ落ちた粘膜などのタンパク質が口内の細菌により分解されることで揮発性のガスが発生します。
この揮発性のガスが口臭になるのです。
通常は歯磨きにより口の中を洗浄したり、唾液のもつ洗浄・抗菌作用により口臭が発生しないように保たれています。
しかし、起床後唾液分泌が少ないときや、胃の不調により唾液分泌が減っている場合は唾液の洗浄・抗菌作用が弱まり、口臭が発生します。
他には、アルコールやにんにくなど刺激の強い食べ物や、胃腸の不調から口臭が発生することがあります。

青汁が口臭の原因になるのか?

青汁の原料は緑葉野菜です。
また、にんにくのようなニオイの元になる刺激物が使われるケースもほとんどありません。
そのため、青汁の成分が原因で口臭になることは考えにくいです。
臭う場合は青汁ではなく、他の食べ物や口腔内の状態によるものと考えてよいでしょう。
それでも青汁の影響が気になる場合は青汁の成分表を見て、にんにくなどの刺激物が原料に使われていないか確認しておくと安心です。
ただし、他の食品と同じように口の中に食べかすとして残り、唾液により洗浄されなかった場合は口臭の原因の一つになる可能性があります。

青汁の葉緑素で口臭予防

青汁には、葉緑素(クロロフィル)という成分が豊富に含まれています。
葉緑素には殺菌効果があるため、一時的ではありますが、細菌の活動を抑え口臭を予防する効果が期待できます。
また、青汁には食物繊維が豊富に含まれており、食物繊維は胃腸をキレイにします。
そのため、胃腸の不調により口臭が発生していた場合は、整腸効果により口臭の改善が期待できます。