青汁の知識

口臭予防に青汁を飲む

口臭の予防・対策に青汁が効くといわれていますが、どのようなメカニズムで口臭に効果があるのでしょうか。

そもそも口臭に直接効くわけではない

口臭の9割は口腔内、つまり口の中で発生しています。
口内に存在する細菌が粘膜や血液成分・死んだ細胞などを分解することで口臭が発生します。
通常は唾液の自浄・抗菌作用で過度の口臭にならないように保たれていますが、唾液の分泌量が減ったり、歯周病などの影響で細菌の活動が活発になると口臭が発生します。
青汁には殺菌効果のある葉緑素(クロロフィル)が含まれています。
葉緑素により、細菌の減少効果が期待されますが、実際は唾液の自浄作用により葉緑素も洗い流されてしまうため、口内における口臭予防効果は一時的なものです。
そのため、青汁が口臭に直接効く効果が期待できるわけではありません。

胃腸の働きを活発にし、老廃物を排出する

青汁が口臭予防に期待できる効果は、青汁に含まれる葉緑素や食物繊維などの成分による胃腸への働きによるものです。
口臭は口腔内からだけではなく、胃腸の不調が原因で発生することがあります。

便秘などで老廃物が腸内にとどまると、悪玉菌の働きで老廃物が異常発酵します。
発酵により悪臭のガスが発生し、ガスが血液中に溶け出すのです。
ガスは身体の中をめぐり、肺から呼気となって口から排出されます。
つまり腸から発生したガスが口臭になるのです。
青汁に含まれる葉緑素や食物繊維は多くの成分が吸収されず、老廃物を吸着して体外への排出を助ける働きをします。
また、食物繊維は便秘の解消に役立つ上、善玉菌のエサとなり腸内の善玉菌の働きを活発にする整腸効果が期待できます。
そのため、悪玉菌の活動を抑え、腸からの悪臭ガスの発生を抑える効果が期待できるのです。

また、胃が不調になると唾液の分泌量が減り、口臭につながることがあります。
青汁には、ビタミンAやビタミンC・ビタミンEが含まれており、胃の壁や粘膜を保護する効果が期待できます。

青汁は、胃腸の働きをよくすることで、間接的に口臭を予防する効果が期待できるのです。