青汁の知識

青汁に含まれるビタミンKとワーファリン

青汁にはビタミンKが多く含まれていますが、ビタミンKを含む食品はよく「ワーファリン服用者には注意が必要」といわれます。
ビタミンKにはどのような働きがあり、なぜワーファリン服用者にとって注意が必要なのでしょうか。

青汁に豊富に含まれるビタミンKとは

ビタミンKは緑葉野菜や納豆などの発酵食品に含まれています。
主に緑葉野菜に含まれるのがビタミンK1で、納豆など発酵食品に含まれるのがビタミンK2です。
ビタミンK2は体内の腸でも合成されますが、新生児はビタミンK2の合成能力がまだ弱いため、ビタミンKの欠乏症になりやすいのです。
そのため、新生児はビタミンK欠乏を防ぐため、K2シロップが与えられます。
このK2とはビタミンK2のことです。
ビタミンKは体内で主に2つの働きを担っています。

1点目は、血液凝固作用。
体内から血が出てしばらく経過すると血が固まりますが、これは血液凝固作用によるものです。
ビタミンKは、血液凝固に必要なプロトロンビンを作るために必要です。
このプロトロンビンがトロンビンに変化し、血液凝固が進行します。
そのため、ビタミンKは「止血のビタミン」と呼ばれています。
ビタミンKが不足すると、血が止まりにくくなります。

2点目は、骨の代謝に関する働き。
ビタミンKには骨の石灰化を促進し、強固な骨の形成を助ける働きがあります。
そのため、ビタミンKが不足すると、骨粗しょう症につながる可能性があります。

ワーファリン服用者はビタミンKの過剰摂取に注意

心筋梗塞や脳卒中の予防のため、原因となる血栓の生成を抑えるためにワーファリンという薬が投与されることがあります。
このワーファリンは止血の働きをするビタミンKの働きを抑え、血が固まりにくくする働きをします。
そのため、ビタミンKを積極的に摂取していると、ワーファリンの効果が弱まるのです。
ワーファリン服用時には納豆などビタミンKを含む食品を制限するように医師から説明を受けることがありますが、青汁もビタミンKを含むため、ワーファリン服用時には青汁の摂取を控えるなど、注意が必要です。

おすすめの青汁はこちら↓
http://xn--a-kb9b083j.com/rank_sogo.html